トップページ
会社概要
プラント部
浄水発生土の利用
当社のシステム
地震対策
地震に強い土
輸送グループ
土木部
採用情報
自分を磨け
引き継ぐ恩
ビジネス戦略

土を活かす。 建設発生土を活かし、自然を守ります

建設工事に伴って発生する土を「建設発生土」と呼びます。地域・地形によっては勿論ですが、同一箇所でも掘る深さにより、その性状(土質)は、様々に変化します。
この建設発生土は、コーン指数(土質区分判定のための調査)及び日本統一土質分類を基に、第1種から第4種及び泥土に区分されます。
土を活かす。 建設発生土を活かし、自然を守りますこのうち、第1種から第3種までは、比較的改良が容易であり、使用用途は限定されますが、そのまま使用することも可能です。



第4種建設発生土とは

第4種建設発生土は、国土交通省令により「粘性土及びこれらに準ずるもの」と規定されており、比較的含水が高く、軟弱な土質であるため、そのままの状態で利用可能な用途は、水面埋立のみに限定されています。そのため、受入ができない土質改良プラントがあるのも事実です。





現在も多くの建設発生土が、湖沼・海洋・山間部等に埋立処分され、山を切り崩した製品や、海・川を掘った製品が使用されています。貴重な天然資源を枯渇させるばかりでなく、長い年月をかけ培われてきた生態系をも破壊しています。当社プラントシステムは、何度でもリサイクル可能な「100%循環型」であるため、当社製品が将来、建設発生土となっても、当社プラントで改良可能です。また、当社プラントシステムは、建設発生土受入場所と製品出荷場が同一となるため、運搬車両の空車がなくなり、運搬効率が向上し、運搬車両による二酸化炭素排出量の削減にも貢献致します。



Copyright (C) 2003 YAMATATU-KOUSAN Corporation, All Rights Reserved.